田代台病院は、
よりよい医療を提供していくために、
日本医療機能評価機構の
認定を取得しています。

田代台病院ホーム > 当院について 当院の取り組み

田代台病院では、よりよい医療・サービス向上のために、部署を越え、他職種のチームでさまざまな委員会活動を行っています。その一部をご紹介いたします。

認知症について理解を深めながら、より良いケアの方法を研究し、病院全体のケアの質の向上を図っています。職員教育のテキストとして「認知症ケアマニュアル」を作成して、全職員に配布しています。

 

医療安全に関する事例を共有して、職員一人ひとりが事故防止へ意識を高める方法を検討しています。各職場に「ヒヤリ・ハットノート」を置き、事例の収集とマニュアルの整備を行うことで、患者さんにもご家族にも、さらに安心していただける病院をめざします。

患者さんやご家族、地域の方々へ、当院にふさわしい医療サービスの提供をめざして活動しています。ご利用者さまへの満足度調査やメッセージ箱の設置、ご利用者さまに気軽にご意見を頂戴できる雰囲気づくり)、職員一人ひとりの意識向上に、日々取り組んでいます。

 

インフルエンザウイルス、ノロウイルス等の院内感染に対する各部署の現状の早期把握と対策を立案して、疾患別の感染防止マニュアルで周知しています。また、毎月、各病棟と外来のラウンドも行い、病院全体で解決すべき点は委員会で検討しています。

 

「褥瘡を絶対につくらない」をモットーに、予防に力を入れています。栄養状態の改善、日常生活動作の充実、離床の促進などの取り組みに加え、常に患者さんと接している病棟スタッフも一緒に「褥瘡カンファレンス」を開催して、マニュアルの編集を行っています。

 

2カ月ごとに接遇目標を決め、各部署で接遇向上に向けた取り組みを行っています。また、検討会では「ベスト接遇賞」を設けて、表彰を行うことでさらに意識を高めています。「誰に対しても丁寧な態度と言葉遣い、相手を尊重する姿勢」を院内で徹底してまいります。